暇だからPython勉強しよう(Part 0)

あ~最近暇です(めちゃ忙しい)。

ってことでPython3系の勉強していきましょうや!!!

 

  • なぜPython(パイソン)なのか

最近AIが流行っていますよね。(あまりか?)でもそのAIとかのプログラムは、Pythonが使われていることが多いのではないのでしょうか?

てことで将来AIプログラマーにも携われるようにPython勉強しようやってことです!!

 

Pythonは、コーディング方法が定まっていて初心者にも読みやすい言語となっています。

また、C++では80行のプログラムが半分以下のコード量で書けると聞きますね。

Web開発言語としても有名ですが、自然言語処理・デスクトップアプリなどのシステム開発に使用することができるんですね~(´・ω・`)

かなり面白い言語ですね。デメリットもそれなりにはあるのですが...

各自で調べてください。

 

てことで、これから導入から基礎までPart 5くらいまでやっていきま~す。

一緒に勉強していきましょー

 

基本情報技術者試験に一発合格した‼︎

こんにちは。佐藤といいます。

 

一昨日の5/17に基本情報技術者試験の合格発表がありました。今回の試験の午前問題は、「過去問を暗記しときゃいいっしょ。」ではいけそうなものではありませんでした。

午後試験は、例年どうりただただ文章読むのがめんどくさく読みにくいプログラムでした。

そして試験が終わりTwitterで、「基本情報」で検索したらやはりみんな難しくなったと呟いてました。難しくなったと言っても過去問を解いていればなんとか受かるという感じでした。

 

今回は、僕が勉強して感じたことを書いていきます。

 

ちなみに、私は情報系の大学に行っていて就職に有用な情報系の資格は待っていません。大学では、基本情報の問題の触り程度を習っており、プログラムは普通にかける程度でした。

プログラム以外は、ほぼ0からスタートみたいなものでした。

 

 

  • 午前問題

 午前問題は、シンプルに過去問を解いて、覚えることが大事です。計算問題なども、公式を覚えておけば解けない問題はありません。

以下のサイトの過去問道場などを使い、

私は勉強していきました。

基本情報技術者試験ドットコム

電車移動の時や、暇な時はこのサイトの過去問道場でやると定着すると思います。

 

基本的に、過去問から出る問題がほとんどです。なので午前問題は、上記のサイトだけやっていました。(今回の試験の午前問題は、ビビりましたが。)

 

できるだけわかりやすい参考書を読みながら一緒にするとより良いと思います。

 

 

  • 午後問題

午後問題は、以下の分野が出されます。

1. 情報セキュリティ

2~4.ハードウェア

2~4. ソフトウェア

2~4. データベース

2~4. ネットワーク

5. ソフトウェア設計

6. プロジェクトマネジメント

6. サービスマネジメント

7. システム戦略

7. 経営戦略・企業と法務

8. データ構造及びアルゴリズム

9. C言語

10. COBOL

11. Java

12. アセンブラ

13. 表計算

 

2~4のうち、3分野が出題され

6と7は、2分野の内1分野が出されます。

 

赤字は、必須問題です。

2~7のうち4問選択、9~13は1問選択です。

計13問中7問解答します。

 

2~7は、どの(どちら)の分野問題が出るかわからないので、自分が得意だと思う分野を一度過去問を全て解いてみて、勉強して見つかるといいと思います。

9~13は、プログラムを書いたり知らない人は表計算を選ぶのが妥当だと思います。

プログラムを書いたりしたことがある人は、Cなどの言語を選ぶ方が勉強の時間が短くなり、2~7の問題を理解する時間が増えるのでオススメです。

 

僕は、2~7の分野の中でソフトウェア、データベース、ネットワーク、ソフトウェア設計、プロジェクトマネジメント、サービスマネジメントを主に勉強しました。

基本的に2~7の4問選択の対策としては、4問だけ山をはって勉強するのではなく、5問、6問は勉強しておきましょう。

 

 

 

  • スケジュール

基本情報は、覚える幅が広いので、時間がいります。

1月

午前問題の過去問道場をやりはじめる

※)1日0~50問くらい

参考書などを読み単語を覚える

2月

前半

午前問題の過去問道場

※)1日100~200問くらい

後半

過去問の午前問題を、試験当日のように時間を計りながら解く

ここらへんから、午後問題も、解き始めていく

3月

前半

午前問題を試験当日どうり解いて点数をだす。を繰り返す。90点を超えれるようににする。

午後問題を、試験当日のように解いていく。

後半

午後問題を何度も解き60点を超えれるようにする。

4月

 本番まで

午前問題の最終詰め&午後問題選んだ分野でも苦手な分野を、点数取れるようにする。

 

 

過去問の午後問題は、IPAのサイトからPDFをダウンロードして印刷してやると解きやすいし、メモしたりできるのでオススメです。

 

参考書は、自分が本屋で見てこれなら覚えられると思うものを買いましょう。

文字ばっかりが苦手の方もいたり

絵が多いと逆にわかりづらい方もおられるのでどちらも紹介しておきます。

 

↓ イラストでわかりやすい

キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者 平成29年度

キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者 平成29年度

 

↓細かいところまで

 

(全文PDF・単語帳アプリ付) 徹底攻略 基本情報技術者教科書 平成29年度(2017年度)

(全文PDF・単語帳アプリ付) 徹底攻略 基本情報技術者教科書 平成29年度(2017年度)

 

 

表計算を選ぶ方

 

改訂3版 基本情報技術者 らくらく突破 表計算 (情報処理技術者試験)

改訂3版 基本情報技術者 らくらく突破 表計算 (情報処理技術者試験)

 

 

 

あなたがいいなと思った物で勉強するのが1番です。

 

以上長々ありがとうごさいました。

 

このブログを見に来てくれた方が受かることを願います。

頑張ってください!!

 

 

 

さーて、次は応用情報かな( ^_^)/~~~

その前にとりあえず、LPICCCNAを取ります。!!